「G」という通称の悪魔駆除
スポンサー
ゴキブリ駆除グッズ

ゴキの後始末



ゴキブリの後始末

 

ゴキブリを始末したら次にやることはその片付けになります。

しかしゴキブリとうものは生きてようが死んでようが見て気持ちの良いものではありません。

ゴキブリが死んだように見えたときにまず行なって欲しいことと、そのゴキブリの後始末の方法を紹介していきます。

 

1,死骸の確認

ゴキブリは死に直面したらIQ300を発揮すると言われています。これについては私自身は全く信じていませんが。

しかし器用な生き物なのは間違いありません。ゴキブリは「死んだフリ」をします。

その見分け方とはゴキブリの姿勢になります。ゴキブリに限らずに昆虫全般に死んだ場合は仰向けになっている場合が多いです。これは脚の筋肉が普段は開いている状態に意識して力を入れているのに、死ぬことでその力がなくなり本来の脚を内側に曲げた状態になっているだけと言えます。ですので自然と足が内側に向き脚が閉じることでゴキブリの姿勢が保てないふ安定な状態になり、そのまま仰向けになることもあればうつ伏せのまま脚を閉じていてもちょっとした振動や風などでひっくり返り仰向けになっているのです。

ですのでゴキブリが動かなくなったのを確認したらこの脚の状態や仰向けの状態を確認するのが一番になります。

しかし、それではあくまで目安にしかなりません。かといってゴキブリに触れて死んでいるかを確認するには万が一生きていた際に驚くことになるので、そのままの状態で殺虫剤を噴霧することをオススメします。

 

ゴキブリの後始末

 

では死んだことを確認したゴキブリを処分するときに一般的なのはテッシュにくるんでゴミ箱にポイっだと思いますが、できれば間接的にでも手で触れるのが嫌なのがゴキブリという存在です。家庭にあるものでゴキブリを処分する方法を紹介していきます。

また死んだゴキブリの後始末のために市販化されている商品をご存知でしょうか? ホームセンターなどで虫よけ、殺虫剤とコーナーはあっても「後始末のためのもの」が売られていることは余り知られていないように思えますが、こういった後始末で不快な思いをする人のために後始末のためのものが売られているのでこちらも紹介します。

 

ティッシュ

 

もっとも一般的な後始末の方法でティッシュでくるんでゴミ箱に捨てる人もいればゴキブリのみをトイレで流す人、またビニールにくるんでからゴミ箱に捨てるなどが一般的だと思います。

もうすでに手馴れてしまった人もいるかもしれませんが、ゴキブリをテッシュで取るときには衛生面のためにもなるべくテッシュを厚くして死骸を掴みましょう。

 

(清掃用)トング

 

短いトングは一般的にしられていますが、柄の長い清掃用のトングも売られています。これを一本家庭に常備しておきゴキブリに限らず、外掃除などに使用するのに一本あると非常に便利なものになります。我が家にも一本ベランダに置いてあり、夏のセミの死骸などもこれで挟んでそのまま処分しています。またベランダの排水口に外からのゴミなどで詰まったときにはこのトングを使って掃除をしています。


 

掃除機

 

掃除機で吸い込ませてしまうという方法です。

掃除機が紙パックのタイプであればそのまま吸い込んだら紙パックごとゴミ箱に捨ててしまえば良いのですが、掃除機内をゴキブリが死んでいても移動することに嫌悪感を抱く人はいると思います。そんな時には吸込口にストッキングや台所の三角コーナーのアミなど掃除機で吸い込んでも破れない素材で網状のものであればゴキブリを吸い取り、それを外してそのまま処分することができます。

もちろん活きているゴキブリに使用することもの可能ですが、小さなゴキブリならまだしも成虫になったゴキブリをとらえるのは難しいのでこちらはあまりオススメしません。

 

ガムテープ・コロコロ

 

ガムテープもコロコロも吸着力があるのでこれを利用しない手はありません。

ガムテープであれば長いものを用意して両端を両手で持ってゴキブリの死骸が中心になるように抑えこんで貼り付けたらそのまま処分するだけです。

コロコロはそのまま上からトンッとゴキブリを貼り付けてしまいます。粘着力がさほど強くないのでゴミ箱などでコロコロの棒の部分をトンッとあててゴキブリを捨ててしまえばそれで終了です。しかし粘着力が強いタイプなどでゴキブリが落ちなければコロコロのテープの部分から捨ててしまうのもありです。

 

後始末の市販品

 

やはり市販品は手を触れずに確実で楽に後始末が行えるように設計されているだけ群を抜いています。

オススメはやはり評判が高くつかむというアナログさゆえの安心感の高い虫虫ゲッターです。

 

 

 

 

 



スポンサー
当サイト人気No1
No1人気

Powered by fun9.net