「G」という通称の悪魔駆除
スポンサー
ゴキブリ駆除グッズ

室内対策 ブラックキャップ



室内対策 設置型(毒エサタイプ)

 

ゴキブリ対策で最もメジャーなものは毒エサを設置することだと思います。
一度おけば数か月は効果が持続し、エサを食べたゴキブリはもちろんのことそのゴキブリのフンを食べたゴキブリにも効果を発揮し「巣ごと退治」というイメージがあると思います。

このページで取り上げるのは私が実際に使用し定期的に交換するときに「このエサでゴキブリとの遭遇がなかった、もしくは1回あったかどうかだったな」というような好印象で交換してきた「ブラックキャップ・ゴキブリキャップ・コンバット」の3種類になります。

 

1,ブラックキャップ

 

ブラックキャップの有効成分はフィプロニルという成分でゴキブリの神経系に効果がありゴキブリを死に追いやります。またこの成分の巣ぶれている点は「ゴキブリのみならず卵も死滅させる」効果があります。

そして非常に高い即効性を持つためには安心できる対策グッズになります。
もちろん他社のものでも同等の成分を持つものもありますが、先行して発売され非常に低価格(コストパフォーマンスが高い)ために評判も非常に高い逸品です。

 

ゴキブリのサイズと成長具合を問わない。

小型のチャバネゴキブリはもちろんのこと、黒光りする大型のゴキブリにも効果があります。また(卵を抱えている場合には)卵にも効果を発揮し、死ぬ直前に卵を落とすといわれているゴキブリの繁殖の抑制にもつながります。

さらには神経系に作用するために以前の殺虫剤のような薬剤に抵抗があっても効果があります。

 高い即効性

ブラックキャップの即効性はゴキブリのサイズにもよりますが、チャバネゴキブリで5時間前後、黒光りするゴキブリで1日あたりが目安になると思います。

5時間が長く感じたり、1日もかかるのと思う方もいると思いますが他のものと同等もしくは即効性が高いものになります。

あまりにも早く効果がでてしまっても巣に帰りフンをさせることができなくなってしまうので、これくらいの時間の方が確実に巣ごと退治できると思います。
使用期限

使用期限は6か月と記載されています。
しかし有効成分のフィプロニルは揮発性が低く半年で効果が低くなることは考えにくいと言われていますので誘因物質(匂い)の低下などではないかと思います。
ですのでを目安に交換してもよいのですが、私は6か月後に新しいものを設置するのですがその時は回収せずにその6か月後に新しく設置するときに回収しています。

1つ設置→6か月後に新たに設置(1か所に2個設置状態)
さらに6か月後に新たに設置(1か所に3個設置になりますが最初の1個を回収)

という感じで常時2個設置にしています。このときにできる限り隣り合わせに設置しています。

ブラックキャップの種類
通常のタイプ 薄型 広範囲型 まとめ買い 屋外用
一番の定番で無難です 冷蔵庫の下などに ワンルームにおすすめ 各部屋や予備を持つなら 雨風に強い屋外用
 
毒エサの種類と紹介



スポンサー
当サイト人気No1
No1人気

Powered by fun9.net