「G」という通称の悪魔駆除
スポンサー
ゴキブリ駆除グッズ

毒タイプのエサの特徴と忌避剤



毒タイプのエサの特徴と忌避剤

 

ゴキブリ対策として一番利用されているのが、毒のエサを設置することだと思います。
一度設置しておけばゴキブリが勝手に食べ、巣に戻り、その巣ごと壊滅させるというようなキャッチフレーズで売られていますが、まさにその通りだと思います。

しかし毒のエサを設置しただけではゴキブリの侵入を許すことにかわりはありません。家中を掃除し隙間を探しそこを塞いでもどこからかゴキブリはやってくる可能性はある。そのために忌避剤や忌避効果のあるハーブ・アロマを設置するだけで遭遇がグンと減ります。

ハーブ・アロマに不安のある人には電気を用いた科学の忌避グッズもあります。

化学と科学と自然を使った人間の知恵とゴキブリの戦争です。えぇ戦争です。奴らは人の体を噛むこともありますので。

 

掃除をしよう

 

ゴキブリ対策として一番に行うべきことは「掃除」になります。ゴキブリの発生原因のこちらもどうぞ。
ゴキブリは雑食性で植物質・動物質・腐敗物をはじめゴキブリ同士の糞も食べます。エサがなくなれば共食いだって行います。
人の皮膚や髪の毛だって食べます。

でも適当に掃除をしても意味はありません。掃除にはその意味と目的があります。

 
 

住居への侵入を事前に防止

 

ゴキブリ対策の最も大切なことのひとつに侵入させない。という環境をつくることが一番ベストです。

なぜ部屋など人の住居にゴキブリがいるのでしょう?家を作った段階ではゴキブリはいません。でも人が住むとゴキブリに遭遇します。これはゴキブリに侵入を許しているからになります。

しかし、侵入されるということは「侵入ルート」がどこかにあります。これを探して塞ぐだけで無限に侵入される可能性を一気に減らせます。

 
 

室内対策 設置型(毒エサ)

 

ゴキブリ対策にはかかすことのできないアイテムです。

基本的に
  1. ゴキブリが食べる
  2. 食べたゴキブリはもちろん死に
  3. そのゴキブリの糞を食べた仲間のゴキブリも死ぬ
  4. 巣ごとゴキブリを駆除する
という効果が一番普及していますが、効果や期間など違いがあります。当サイトでは置くだけ効果でもっとも有名であろう「コンバット」「ブラックキャップ」「ゴキブリキャップ」を紹介していきます。

 
 

ハーブ・アロマによる忌避効果

 

気分転換・精神安定に使用されているハーブやアロマには人は好み、ゴキブリは嫌う匂いを持つものがあります。

赤ちゃんやペットなどがいる家庭ではどうしても毒エサの設置を躊躇してしまいます。しかしハーブやアロマなら安全で快適に設置できますし他の毒エサなどのようにゴキブリの通り道や巣の周りに設置しようとする必要もなくハーブ・アロマの匂いが届けば良く、ハーブなら室内外を問わずに育てることもでき、アロマの前に卓上の小型扇風機でも置けば部屋中にその匂いを広げられます。
 

 

 

 

 

 

 

 



スポンサー
当サイト人気No1
No1人気

Powered by fun9.net