「G」という通称の悪魔駆除
スポンサー
ゴキブリ駆除グッズ

掃除をしよう



掃除をしよう

 

ゴキブリ対策としての掃除は台所洗面所、風呂場などの水回りに特に注意をしましょう。

ゴキブリは水1滴で2週間以上生存できるとも言われます。ちょっとの水で長生きできるという点から水場の周りに発生しやすく、台所などは食材の飛びカスなど十分すぎるほどの生活環境が整っています。

さらに常に稼働している冷蔵庫などの電化製品は冬の間でも熱がこもっているために快適な空間にもなってしまいます。

掃除方法としてはできるかぎり使用後はシンクや洗面台に残った水気を軽く布巾などで拭き取ったり、彼らの大好物の油の箇所を重曹をひとつまみかけてこすったりするだけで油も綺麗にとることができます。
換気扇ですが重曹での油落としの効果がこちらで紹介されています。

そしてこの掃除で意外なのが、実はゴキブリは汚れているとこに生息している習性がありますが、ホコリが「たまりすぎている」ところにはあまりいません

これはゴキブリの体の油分にホコリがつきすぎるということのようです。
ですので掃除頻度の少ない場所などは無理して掃除して次に掃除するまでの間に中途半端にホコリがたまらないように、掃除をしない。というのも一つの手かもしれません。
例えば、倉庫やあまり開けない収納をお持ちの方ならわかると思いますが、何ヶ月ぶりかに開けたらゴキブリがウジャウジャいた。というようなことを経験された方は少ないと思います。
ホコリがあるし水はないし…ゴキブリの生活環境ではなくなっているのです。
※しかしこの場合は電化製品の裏側などになりますとモーターの発熱を逃がす弊害になりますので、よく場所を見極めることになります。

基本は水気とりが中心でホコリ取りは無理をせずに手の届く範囲を中心にコロコロでも良いのでかけておくとゴキブリ予防につながります。

そして一番大切なのが掃除をしながら壁の角(繋ぎ目)をよく確認し隙間が無いか目視で確認してください。「1mm」の隙間があれば侵入してくる。

特にあまり見ないと思いますが、押入れ、天袋などはちょっとの地震で1mm程度の隙間ができているということもあります。押入れ天袋は日々確認するのは大変ですが、大掃除の時にでもちょっと確認する程度の頻度で良いので注意してください。



スポンサー
当サイト人気No1
No1人気

Powered by fun9.net