「G」という通称の悪魔駆除
スポンサー
ゴキブリ駆除グッズ

事前にできる予防対策



事前にできる予防対策

 

ゴキブリはいつもどこかしらか侵入してくるものですが、事前に対策をほどこすだけで、住居内での遭遇はかなり減らすことができます。集合住宅に住んでてマンションの隣は飲食店が入っている建物ですが、自宅で最後にゴキブリに遭遇したのは5年位前になります。しかし油断はならないと毎年出てくる新商品を設置したり、職場にゴキブリが発生するために新商品の殺虫剤を職場用に購入しその効果の高いものを自宅用に常備したりとゴキブリの事前の予防対策はとても大切なことになります。

こちらのページでは以下のものを説明していきます。
  1. 掃除をしよう
  2. 毒タイプのエサの特徴と忌避剤
  3. 室内対策 設置型(毒エサ)
  4. 電気(超音波・電磁波)
  5. 住居への侵入を事前に防止
  6. ハーブ・アロマによる忌避効果
 

 1,掃除をしよう

 

ゴキブリは人間の食べかすはもちろんのこと絵の具や紙、タバコに家の建築素材などにも食べ物が含まれているようです。さらに食料がないときには共食いをしてでも生き延びます。
それだけ食を必要としつつも絶食に対しても非常に強い存在で、水だけの状態であれば1ヶ月以上生きることができ、水一滴で2週間以上生存されるとも言われています。

これほど生命力に溢れてるゴキブリにとって汚れている室内などは生きていく上で楽な環境です。

と、ここまでだと掃除をしても無駄なほどゴキブリの生命力が強く思われがちですが、ちょっとおもしろい話もあります。
実はゴキブリはホコリ等の環境を好みますが「ほこりがたまりすぎている」ところにはあまりいません。

その理由と知ってるようで知らなかったゴキブリ対策の掃除の仕方は以下のページにて。

 
 

 

2,毒タイプの餌の特徴と忌避剤の特徴

 

毒タイプのエサは安価で設置も手軽なのが大きなメリットで、その効果も毒エサを食べたゴキブリ以外にもそのゴキブリの糞を食べたゴキブリ、またそのゴキブリの卵にも効果のあるものもあります。

しかしいざ購入をしようとすると様々な種類のものが売られていてどれにしようかと悩むと思います。ここでは毒タイプのエサの特徴と忌避剤の特徴をまとめています。
以前私が古いアパートでひとり暮らしをしてた頃にいろいろと試しましたが、数は減っても中々ゼロにはできませんでしたが、ある商品が私の住居にとってあたりだったようで、その商品を使ってからその家で1年以上一匹も見かけなくなったことがあります。

様々なタイプのものがありますが、自分の環境に合う特徴のものを見つけるキッカケになれば良いと思います。

 
 

3,毒エサの種類と使い分けとその効果

 

毒タイプのエサの市販されている種類は数えられないほどの種類があります。行く店によって商品が違うことは多々あると思いますが、こちらでは私が使って効果の高いと思える3品目で、毒エサの中でも特に売れている3品目になります。

「ブラックキャップ」「ゴキブリキャップ」「コンバット」

市販のものに関してはこの3品目が私にとっても必要不可欠なものになりますが、同じようなようですがそれぞれ特徴は異なっています。その特徴と住居の環境が合えば本当に手軽でコストもかからずに最高のトラップとして手放せなくなると思います。

 
 

 

4,超音波・電磁波による電気タイプ

 

夏の蚊の対策に電池式の超音波や電磁波で蚊をよせつけないグッズがあります。実はこれネズミ用もあればもちろん忌まわしきゴキブリ用も製品化されています。
これはカートリッジなどの交換は不要で電気代も安く、あの虫よけなどの独特な匂いも一切ありません。
 

5,住居への侵入防止アイテム

 

ゴキブリの室内対策ができても、住居への侵入を許していては住居を攻められている一方でゴキブリの数は減ってもいなくなることはありません。
むしろ対策を定期的に確認して行かなければ、物事には期限があるように、毒エサも時間が経てばただのエサになってしまいます。

住居の対策を行いつつ侵入対策も行なっていけば自然とゴキブリとの遭遇率はグッとさがります。

極端なはなし、完全に隙間一つない空間でしたらゴキブリは侵入してきませんよね。でも実際にはそんなことをしてしまっては換気も出来ずに酸欠に陥ってしまうかもしれません。

ですが侵入口をきちっと把握し対策すれば、換気などをおこないつつもゴキブリはそこから侵入できない。いわばゴキブリからみたら人の住居が密室のように出入りできない環境に近づけることができるのです。

 
 

 

6,ハーブ・アロマによる忌避効果

これは赤ちゃん・ペットのいる家庭に是非オススメです。設置タイプの毒エサを誤飲したりさせないために、用途は異なりますが赤ちゃん・ペットの手の届くところにはこちらの設置をオススメします。

ゴキブリ対策に駆除剤(毒タイプのエサ)を設置。とは別でハーブ・アロマには直接の殺傷性はありません。

しかし忌避効果は抜群で近年で虫よけリングという夏のアウトドアグッズはバネ状のリングに虫の苦手な匂いを仕組んであるものになります。実際に夏にこれをつけていた場合といない場合では、虫が来るケースは著しく減っているので私はアウトドアの時必ずカバンなどに付けています。

同様に、ゴキブリにとっても効果はあります。私の住むマンションの隣は飲食ビルで住居への侵入は防いでいるので室内では見かけませんが、外で見かけることがありましたので、よくいる場所に設置したところ設置して数週間は全く見なくなりました。撤去後はまた出て来ましたが…

ただこのハーブ・アロマはきちんとゴキブリに苦手効果のあるものを設置せずに、似たような匂いだから…とかこれでも良いかな…と適当なものをおいてしまっては恐ろしい目にもあうことがあります。

しっかりとゴキブリの苦手なものを選んで、一切の妥協を行わずに正しい匂いのものを使用してください。

 
 



スポンサー
当サイト人気No1
No1人気

Powered by fun9.net